itamania

(。・ω・。)

ショートパスタのトロフィエ

トロフィエという日本では珍しいパスタが手に入ったのでバジルソース味で作ってみた。
f:id:angelbell:20151001162107j:image
昔専門家にショートパスタは立食パーティーなどのとき向けで、冷えても美味しい用に使うものと教わった。

確かにスパゲッティなどは時間が立つとふやけて美味しさ半減して向いてないもんね。

日本ではサラダパスタと称してマカロニが一般的というのは、パスタの本番イタリアのこういう流れこら広まったんだろうなぁと思った。

茹で時間が13分と長いのだけど、それでも芯が残ってアルデンテだから、ソースと絡める時間をとても多く取りました。プラス5分くらいかかったと思います。

今回はバジルソースをベースに、具はたまたま冷蔵庫に入ってたイベリコ豚の味噌漬けとアスパラガスにしてみた。しかしイベリコ豚味噌漬けなんて売ってるんだね。

で、このイベリコ豚の味噌漬けがバジルソースと愛情抜群で、この組み合わせは最高に美味しかったです。
f:id:angelbell:20151001162137j:image
それから豆うんちくだけど、市販のちょっとリーズナブルなバジルソースっていうのは、実は、松の実は少しでカシューナッツを入れてごまかしているんだよね。
でも松の実オンリーのはカルディでも一度しか売ってるの見たことないし、なにより高い。

カシューナッツアレルギーがなければ、リーズナブルなバジルソースでも全然オッケーだと思います。

木の実は何でも大好きなので、この日はクルミを加えてミックスナッツ的なバジルソースにしちゃいました。

後日、とあるパーティーがあったので、作って出してみたら大好評で、子どもたちは「いも虫みたい」って言いながらもお皿抱えて食べてくれて、よっぽど気に入ってくれたみたい。

トロフィエの、由来はいも虫ではなくて木屑なのだけど、とりあえず美味しいパスタを発見してラッキー♪

冷めても美味しいから、パーティーにオススメです!