読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blog itamania

(。・ω・。)

ブルガリア料理初体験

ブルガリア料理を食べてきた。ブルガリアと言えばブルガリアヨーグルト。

それしか頭に浮かばない。ブルガリアには行ったこともないし予備知識も全くないけれど、ムサカがあると知って、地域的にギリシャ料理やトルコ料理に似てるのかな?と思ってたらピンポン正解だった。

http://instagram.com/p/yWCr-KIuoq/

ムサカ #foodporn

 
というか、違いがあるのだろうけど私には違いがわからない程の内容だった。
 
そう思ったのはトルコではお馴染みのバラジュースが当たり前のようにメニュー上位にあったこと。トルコでは一般的な塩味のヨーグルトジュースもあった。
トルコでも野菜ペーストをパンにつけて食べるし、トルコのシシュケバブと同じひき肉の串焼きとか。
そして見た目も味もギリシャの代表チーズ、フェタチーズにそっくりな白いチーズ。
ギリシャとトルコの両国で食べたムサカと葡萄の葉で包んだ味付けご飯料理のドルマテス。
 

http://instagram.com/p/yWC9A0ouo-/

 

本当に全て名前が違うだけだと思った。
(でももしかして自分が偏って頼んでしまったのかな?)
 
 
でも葡萄の葉で包んだ味付けご飯のメニューをヨーグルトにかけて食べる食べ方は初体験。これがブルガリア流なのか?
トルコとギリシャではたっぷりのレモンをかけて食べた記憶がある。
 

http://instagram.com/p/yWCjzZouog/

 

でも、今回食べたのはぶっちゃけ缶詰めだったよね?と私の心の中は言っている。
何故かというと、缶詰のそれを食べたときと、そっくりな気がしたから。
 
だってギリシャ現地で葡萄の葉包み料理(ドルマテス)を食べたとき、葉も柔らかくて温かくてもっと大きくて、美味しくて感激してお土産にした程だったから。
 
でも、塩漬け葡萄の葉だけ買っても、香辛料もろもろ同じ味は再現できないと思って缶詰めを買ったんだよね。瓶詰と違って割れる心配もないし。
 
そして帰国してからその缶詰めを開けて食べてみたのだけど…
 
(。´・_・`)。oO(ぇ・・・)
全然違う。
サイズ小さい。
葉が硬め。
ぎゅうぎゅう押し詰めされてたような四角い形
あれれ?
 
そのときと同じ見た目&味がしました。きっと滅多に出ない料理なのかもしれない。
それをいちいち一から作る方が大変なわけで、そしたら缶詰めに頼るのも無理ないかぁ。(手作りしてたらごめんなさい)でも、ヨーグルトソースとの組み合わせがマッチしてたし懐かしくて満足でした♪
 
そういえばムサカもヨーグルトをつけて食べるスタイルで美味しかった。
ヨーグルト料理って好きなんだ自分って思いました。