読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blog itamania

(。・ω・。)

ブログは人格の統一感が難しい

WEBインターネット つぶやき・所感

ブログを書いていると、その日の気分によって、「ですます調」にしたりタメ口っぽく書きたくなったりムラがある。

 
ブログは人格の統一感が大事で、「ですます調」で書くならずっとですます調でかくのが基本、みたいな記事を目にしたことがあるけれど、統一させようとすると、同じ気分でないときは筆が進まなくなる。
 
それで何でかな~と考えてみたら、独り言でつぶやきたい時と友達や身内に向けて発信したい時と、知らない人にも教えたい内容の時があるからだと気が付いた。
 
それでよくよく自分のブログの目的を考えてみた。
そしたら、目的すらもコロコロ変わっていたことに気が付いたwwww

f:id:angelbell:20141023012946g:plain

 
ブログは2004年から始めてるわけだけど(引っ越し多数あり)、あれから十年たってて自分だって日々成長しているわけで、興味を持つものだってコロコロ変わる。
 
それで思い出した。
 
地元の友人に、20代前半でクラブっぽいDJブース付のBARを出した人がいた。
けれど30代になったら内装を変えてお洒落なイタリア料理店に変えてしまった。
 当時、どうして?と思って本人に訊いたら、
 
自分が成長するにつれて常連のお客さんも成長する。20代前半の若いときはガンガンのノリの良い音楽とお酒が飲めれば、それで楽しかったけれど、年を取るにつれて自分も常連のお客さんたちも落ち着いたお店で美味しい料理を食べたくなってきたから。どうせやるなら自分が行きたいと思うお店をやりたいしさ。」と言っていた。
 
その時、そっか、これが個人経営の強みだなと思ったのを覚えてる。
 
それで思ったのが、ブログ運営にも置き換えられるかなと。
 
一部のブロガーさんが「ブログは人格の統一感が大事」と言っているのは、営利目的でブログを始める人たちに向けて、読み手を信頼させる為のセルフプランニングの大切さを伝える為に対して言っている言葉なのだから、このブログに関しては気にしないで自分の好きなように書けばいいやと思った。