itamania

(。・ω・。)

成田山で一日修行体験してきたよ

http://instagram.com/p/uIGSTfounL/

 
成田山の新勝寺で一日修行体験してきた。
 
成田山新勝寺は、平安時代、天慶3年(940)に開山したとか。
重機もない1000年以上も前の時代に、しかも山の上に創ったなんてf:id:angelbell:20141019102414g:plainf:id:angelbell:20141023230718g:plainf:id:angelbell:20141023230719g:plain

 

成田山の御護摩は、弘法大師空海によって伝えられた密教に基づいた御本尊不動明王のご利益を授かる加持祈祷のこと。

http://instagram.com/p/uhiflaIuk1/
不動明王さまは私たちすべての願いを叶えようとしてくれてる。
 
このご請願を信じて、下記の真言を唱え、心からお祈りを捧げると、必ずお不動様のご利益をいただくことができるんだって。
 

f:id:angelbell:20141022180021g:plain不動明王御真言(お祈りの言葉)

「のーまく さんまんだー ばーざらだん せんだー まー か ろ しゃーだー そわたや うんたらたー かんまん」
 (一切の諸金剛に帰依し、大忿怒の相をして、暴悪の輩を破壊し恐怖せしめ、しかるのち我が身を堅固なるものにす)
 
午前中はお坊さんの説法から始まって、次に阿字観(あじかん)と呼ばれる真言密教の瞑想座禅と護摩焚き祈祷に参加した。
 
座禅と言っても、この日混んでたから座禅する場所が手狭とかで、講義室みたいなところで普通にパイプ椅子に座っての座禅だったから、足が痺れるというようなこともなかった。
 
これなら膝を痛めてるご年配の人も気軽に参加できていいと思った。
 
あと、真言宗の座禅は禅宗とは違って、背中を警策で叩くよう行為は行わないとのこと。あと、無になるのではなく内観する為にあるような事言ってた。
 
個人的には月をプロジェクターでスクリーンいっぱいの月の写真を見さされた
ことが面白かった。瞑想にその月の映像イメージを使って、その月を自分を宇宙と一体化させる作業を行う。気功の大周天と大体同じものだなと思った。

f:id:angelbell:20141019180706j:plain

 

そういえば、 護摩焚きのときに、バッグまで清めてもらったのだけど、私のバッグ、てろんてろんのナイロンバッグだったから、御護摩に近づけて清めてもらうのはいいけれど、もし万が一飛び火がバッグにくっついたら穴開いちゃう!

f:id:angelbell:20141023012954g:plain

と思って一瞬ためらったけれど、こんな機会めったにないからと思ってバッグも一緒に清めてもらった。全然問題なかった。ラッキー♪
 

その後は、精進料理タイム♪。

http://instagram.com/p/uIFJHIIumO/

左上の野菜は成田山名物の大浦ゴボウの見本だって。でっかい!!

これがゴボウだとは!?

 

ここ成田山新勝寺の精進料理用にしか卸していないという貴重なごぼうなのだそうで、それの煮物を頂いた。

http://instagram.com/p/uhsx8Zouud/

でも甘すぎて、砂糖に浸けこんだ木の繊維を食べてる感じだった。

砂糖が貴重な時代は美味しく感じたんだろうね。

 

http://instagram.com/p/uIFlgSoumi/

食べ終わった後は写経をしました。

http://instagram.com/p/uIGEQ2Ium4/http://instagram.com/p/uIFvVroumo/

 

袈裟の代用品を身に着けて、塗香と呼ばれる粉を手にスリスリしてお浄めします。

http://instagram.com/p/uIFSFtIumX/http://instagram.com/p/uIGLADIunA/

終わったらおやつを頂いて一日修行体験は終了。

護摩焚きも目の前で見れたし、真言宗の色々な話を聴けて中々、貴重な一日体験だった。

 

私の中では、護摩焚きといえば、中島らものガダラの豚。

冒頭に出てくる大阿闍梨、隆心老師が十万八千枚護摩焼供の荒行に挑んでいるときの描写が、この一日修行のおかげで鮮明になった。

 

また時間があるときに、じっくり読み返したいと思います。

ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)

ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)

 

 

中島らも『ガダラの豚』全3巻セット (集英社文庫)

中島らも『ガダラの豚』全3巻セット (集英社文庫)

 

  平成30年に1080年祭 記念大開帳奉修を開催するそうです。