Blog itamania

(。・ω・。)

図書館にまたいつか再読したくなるかもしれない本を寄贈したら

断捨離すると本当は手放したくないけど、部屋をスッキリさせる為には処分したい本というのが必ず出てくる。

 
本当に手放して良い本ならば、捨てるかヤフオクかブックオフという手段になるけれど、希少本や、いつかまた読み返したくなるかもしれないと思う本で、しかも図書館に在庫のない本は、図書館に寄贈するようにしている。
 

 

図書館も、あまり同じ本が何冊あっても困るので、沢山ある本はどっか市立病院などの図書館以外の施設に流れてしまうようだけど、それでも図書館は本を大切に扱ってくれる気がするので、資源ごみとして処分してしまうよずっといいと思う。
 
そして、先日久しぶりにいつか寄贈した、ある本を読み返したくなって、ネット検索したら、その本が1冊あった。
私が寄贈する前には1冊もなかった本だから、きっと私が寄贈した本に違いないと思う。
これは嬉しかった。
ブックオフやヤフオクに出さなくて良かったと思った♪