itamania

(。・ω・。)

立つ鳥跡を濁さず?有料は消えるから

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ

 

googleのあの世にいったあとデータをどうするか選択できるニュースご覧になりましたか?

自分が死んだときにSNSやHDDのデータを処分するワザ

私も、飯島愛さんが亡くなったときに彼女のブログはアメブロサービスがあり続ける限り残るんだなぁって思ったのだけど

 

先日、2004年に開設したまま放置してた自分のドリコム(drecom)ブログが検索に引っかかってビックリしました。

 

当時ブログというものがある事を知って登録して使ってみたのだけど、その後すぐに、ライブドアブログや有料サービスに移したので残ってた事自体すっかり忘れてた。

 

そしたら、いつの間にかライブドアに譲渡してたのですね。

 

登録してたメールアドレスも、変更してしまい、もう存在してないアドレスだったのでお知らせメールも確認できないままでした。

 

そしたら、そのブログ、あまりにも放置しすぎたせいで、(最後の更新が2005年)スパムコメントや怪しいトラックバックがいっぱいつけられちゃってて、どうにかしなくちゃと、今ライブドアに問い合わせ中。

 

会社にもよるけど無料サイトは譲渡含め会社があり続ける限りデータが残る。

 

有料サーバーなら支払いが滞った時点で終了になる。

 

この世に生きた証を残したい人ならGoogleブログ、Bloggerがベストなんだろうな。

 

跡形もなしに存在を消したいのなら、レンタルサーバーで独自ドメインがいいのかも。

 

どこのブログを使おうか悩んでる人は、普通なら現行サービスを気にしてみるのかもしれないけど、そんな天国へ行ったあとの残されたデータをどうしたいかなんてのも視野に入れて決めるのも、考えておくポイントなのかもしれません。

 

前に、進化とは消える事?でも、人は消えることをゴールに進化してると書いたけど、

 

この世に生きた証を残したいといってる人の証は進化を止めた行動だから、最先端と無の世界は、結局同質なものだと、またまた納得してしまいました。