itamania

(。・ω・。)

「天才でごめんなさい 」会田誠展 感想

らむの泉(*^ー^*)ノ-会田誠展 天才でごめんなさい aida mamoto

会田誠展、行ってきました。

ゴヤのサトゥルヌスが浮かんできてしまうような作品が目立つというか私の中で印象に残ってしまい、

「天才でごめんなさい」より

「病んでる天才でごめんなさい」

が、よりしっくりくる題名だと思いました。

彼の歪みの深さを見てきたと同時に、あんなに立派な美術館でやれる程彼の作品がビジネスとして成り立つのは、彼の作品に多くの人が共感しているわけで、心の闇を抱えている人の多さを感じる作品展だったと思います。

日本はそれだけ暇で物理的に裕福な人が多いのだということをお察ししました。ある意味良いことですよね♪

私も一昔前なら、共感していたであろう部分を、今回は全く違った視点で見ている自分がいて、心の成長を感じられた次第です。

しかし、絵心のない私としては、あんなに多くの手法で自分を表現できて羨ましいです。

会田誠

会場: 森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53階

2013年3月31日まで

10:00-22:00(火曜日のみ17:00まで)

会期中無休

※入館は閉館時間の30分前まで