itamania

(。・ω・。)

近所の公園を散歩してて…

近所のある公園を散歩してて思いました。

その公園は私を育ててくれた公園です。

小学校のマラソン大会の為に早起きして朝練した公園。

夏休みはラジオ体操でハンコがもらえる公園。

幼稚園~小学校の放課後は木登りしたり木の実を取ったり、

都会で暮らす私には唯一の自然の遊び場でした。

まるで当たり前のようにそこにまだある公園で

ラムちゃんと散歩しながらふと思ってしまいました。

被災地の人は一瞬にして、その当たり前の光景がなくなったんだと。

そう思うと涙があふれ出てきてしまいました。

その土地があってこそ自分がある。

避難地域なのに避難を拒む気持ち、

自分がその状況に置かれたらと思うと胸が張り裂けそうになりました。

どこまでなら生きたいのか?

どこまでを最優先事項にするのか?

その分岐点はどこなのか?

どうやら生命というものは

その環境を受け入れ、その環境に適応できたものだけが生き残れるようです。

地震原発、何一つ解決していない今

何があっても全てを受け入れる心の準備だけはしておかなければと思いました。

諦めるのではありませんよ。

『諦め』『受け入れ』の違い