itamania

(。・ω・。)

『諦め』と『受け入れ』の違い

諦めと受け入れ…

留めるという意味での表面動作は似ている。

しかし解釈は全くの別物。

『諦め』には未来がない。

ゲームでいえば、「end」。

受け入れは、「accept」。

つまり、身の一部とすること。

だから受け入れなら未来を創る可能性が広がる。

では どちらを選んでみるか?

幸いなことに、人はどちらかを自由に選ぶ権利を持っている。

自分の心は自分が支配しているのだから。

でも、どちらを選ぶかで

その後の未来のベクトルは大きく違ってくるだろう。

しかし、こういうタイプもある。

「諦めているが受け入れられない人」

これをもっと解りやすくいうと

自分が動こうとはしない(諦める)が人の動きには期待する。

期待した結果、期待はずれで終わったとき、相手をたたく。(受け入れられない)。

つまり「他力本願な人」のこと。

これでは前進できず、もどかしい想いが積もる。

これを現代風に言うとストレスともいう。

どちらを選ぶのも自由だが、

「受け入れて諦めない」

こっちの方が、自らの可能性を最大限に発揮できるように思う。

------2009年5月14日 ログともにて執筆-----

以前、らむの泉にも載せた気がするんだけど、見つけ出せなかったので再投稿。

諦めて終わってしまう(国が滅びる)のは受け入れられないので

とりあえず現状を受け入れて未来を創造してみようと思います。

個人個人がそれをすれば、道は開ける。

そう願って。