itamania

(。・ω・。)

銀杏たたり

今は東北で暮らしている幼馴染のお父さん、そのおじさんが

近所の大きなイチョウの木に登り、揺すって実を落として大量の銀杏を拾ったそうで。

けれどあまりの臭さに、自宅にはそのまま持って帰れないということで、すぐにソバにある小川の水で銀杏を洗うことに。

だけど、しばらく洗っていると、あまりの冷たさと寒さでトイレに行きたくなり、結局そのイチョウの木のソバで世を足して。

それからしばらくしたら、世を足したときに摘まんだ大事な場所がモーレツにかゆくなり、かぶれてしまったんだとか。

それが、あまりに痛痒かった?とかでガマンができず

ついには皮膚科へ。。。

病院の先生もビックリですよね。

『どうされました?』

『いえ、あ、あの…

大事なとこがかぶれまして…。』

『???

何か、心当たりは?』

『銀杏拾いをして…』

『ぎ…銀杏…銀杏ですか…』

……。

と、こんな会話でもなされたのでしょうか?

ゴム手袋つけて拾ったのにも関わらず、やっぱり日ごろ陽に当たらないデリケートな場所だけに、銀杏の刺激は強すぎたようで。

皆さんも銀杏拾いする際は、気をつけましょう。

手袋してるからって油断はできないです。

おすそ分けで、その銀杏、送っていただきました。

らむの泉(*^ー^*)ノ海外人気アクセサリーBohm-未設定

炒って、美味しくいただきましたけど、なんだか感慨深かったです。。。