itamania

(。・ω・。)

ついでにこんな実話を元にした金融映画も…『マネートレーダー-銀行崩壊-』

あ、そうそう、あと金融ものでオススメなのが

「マネートレーダー/銀行崩壊」

エリザベス女王のお膝元の老舗銀行だった

ベアリングス銀行をニック・リーソンという若者トレーダーが倒産に導いてしまった実話もの。

ニック・リーソンが獄中に書いた日記を元に作られたものをベースに作られたものです。

日本の阪神地震と繋がっているところが、映画のバベルっぽくて、なんか身近な事件に感じました。

興味がある人はぜひ観てみてね♪

らむの泉(*^ー^*)ノ はぁとロンダリング

解説

1995年2月27日、全世界を衝撃のニュースが駆け巡った。1763年に創業され、“女王陛下の投資銀行”とまで言われたイギリスの名門ベアリングズ銀行が破綻した。デリバティブ金融派生商品)取引で約8.6億ポンド(約1,380億円)という巨額の損失を出したのが原因。しかもたった一人の28歳のトレーダーによって……。この実際に起こった20世紀最大の金融スキャンダルの張本人ニック・リーソンの獄中手記を完全映画化。

あらすじ

1763年の創業以来、「女王陛下の銀行」と呼ばれていた英国の名門、ベアリングズ銀行は1995年2月突然経営破綻に陥り、全世界に衝撃を与えた。原因はデリバティブ金融派生商品)取引で約8.6億ポンド(約1380億円)もの巨額な損失を出したためで、しかもそれは28歳の若きトレーダー、ニックただ1人の手によるものだった。労働者階級出身ながらも仕事熱心で、良い業績を残していた彼に、一体何が起こったのか…。

(TsutayaOnlineより抜粋)