itamania

(。・ω・。)

iPhone版マイケル・サンデル教授の電子ブックを買ってみた

Tさんに、久しぶりにテレビでいい番組を見つけたよと

マイケル・サンデル教授の番組「ハーバード白熱教室」を教えてもらって以来、

すっかりハマってファンになったサンデル先生のアプリ本を発見。

photo:01

※モバイル非対応

 

光を通して長文の本を読むには抵抗があるのだけど

半額キャンペーンをやっていたので、

この機会に挑戦してみようと思い

初めてiPhone用の電子書籍を購入ダウンロード。

光を通して読むのは、やっぱりそれだけいらない情報量が多く入ってくるのかな?

落ち着かないせいか、あまり集中して読めない。。。

これ読んで電池が減るのもいやだなぁ~とか

色々と気が散っちゃう。

あと、読むときの環境やタイミングもあるかな。

自宅に居るときなんか、落ち着いて紙の本が読める環境下で

わざわざiPhoneブックなんて読みたくないと思ってしまうから

どうしても電車内とかの、暇つぶし的な、ながら読みが多いからか?。

読み始めると、のめりこむんだけど、そうしたころに目的地について読めなくなるし…。

自宅には図書館から借りてきた読みたい本がほかにもいっぱいあるから、返却期限を思うとそっち読むことになるし…。

これもこれも慣れなのかな?

しばらくしたら電子ブックも慣れるかな?

まだ試したことないけどコミックなら読みやすいのかな。

電子ブックは私にはコンテンツによって向き不向きがありそうと思いました。

でも図書館の本読み終わったら、ながら読みはやめて、ちゃんと一気読みしてみようと思っています。

そういえば、最近は

自分で本をスキャンして電子書籍を作ることを「自炊する」というんだそうですね~。

私も「自炊」したい本はあるけどスキャンする時間がもったいない気がするしなぁ~。

早く読みたい本が電子ブックになってほしいです。

しかし、このサンデル教授の自画像アイコンがどうしても見るたび笑っちゃうんだけど…w