itamania

(。・ω・。)

映画『カラフル』

生前の悪行によって彷徨っていた魂が、

輪廻のサイクルに戻るための抽選に当たって、

自殺したばかりの中3の少年の真の身体になり

再びこの世に戻ってくるところからストーリーは始まる。

輪廻のサイクルに戻る為には、罪を思い出し課題に乗り越えなければならない。

真の身体に入った魂は、真のとりまく環境、家族や友人などと触れ合いながら

心の成長とともに自分の過去世を思い出していく…。

他者の弱さから発せられた言動を嫌うのは自分の弱さを受け入れられない悲しみからくるもの。

そしてそれが自分と近い人、身内や、好きな人など

自分の理想であった人の弱さを見るのは未熟であればあるほど受け入れがたい。

父や母も自分と同じ一人の人間なのだ、と他人の弱さを受け入れられた時、真の心の成長が訪れる。

心の成長とは何か…

それは、人間の弱さを許すことから始まるのではないでしょうか…。

最初からあまりにも予想通りな展開のストーリーで

私、この映画一度観た事ある?と逆に驚いたほどだったけど

思春期の悩めるお年頃の男子にはオススメしたい映画だと思いました。

特に、兄弟愛にはうるうるっ…

長男って目に見えないところで弟を愛しているもんなんですよね。

でも気づかない弟さんって案外多くて…。

ひとりっこの私としてはうらやましいなぁと思いながら兄弟愛にジーンときちゃいました。

しっかし、映画館でプレミアスクリーンだったんだけど女性私一人しかいなかった。

それが一番驚いた。

空気人形のときは、容易に想像できたけど、これ女性は興味持たない映画がなんですね…。