itamania

(。・ω・。)

自分に自信をつける第一歩

この世に完全に自信がある人なんているのだろうか。

いるかもしれないし、いないかもしれない。

それは わからない。

昨日の記事にも書いたように

わかった気分になることはできても 他人のことはわからないから。

でも こうは思う。

レベルの違いはあれど 完全に自信がある人なんてあまりいないのではないかと。

それに 人間は流転しているのだから、

自信のレベルも株価のように日々変動するものだと。

(そもそも株価自体、人間の心理が作り出しているわけだけど)

そして

世の中には 数え切れない程多くの映画、音楽、絵画、書物、芝居などの芸術作品がある。

それは全て 人間の思考が現実化した産物。

共感したり勇気をくれる作品がそこらじゅうにある。

そういった意味でいえばスポーツ観戦なども当てはまるだろう。

ロングセラーになったり世界遺産になったり

多くの人々に支持された芸術作品に触れると

人間の中身なんて大して変わらないということがわかってくる。

宗教に入り救いを求める人の多さや

どこかの組織や団体に属し、共感し合える人を求める人々の多さを見るだけでもわかる。

自分に自信がないと思うのは 自分だけがダメ人間で他人は立派に輝いて見えるからではないだろうか。

でも、上記のことを考えれば

決して自分だけの特別な悩みではないのがわかる。

人間なんて大して変わらない。

違いといえば それを他人にむけて表現したかしなかったかや

表現方法の違いぐらいではないか。

このことを知れば 人など恐れる必要はなくなる。

他人の評価を気にしすぎて 身動きが取れなくなる必要もなくなるのではないかと思う。

今 いじめにあって自分を惨めに感じている人も

惨めに思う必要は全くない。

いじめる人間ほど、多くの不安と弱点を抱えている。

でなければ他人を攻撃する必要はないのだから。

この点において、人間は本能で生きる動物と同じ。

それを思えば 惨めに感じる必要は これっぽっちもない理由がわかるだろう。

以前、

思考が変われば 言葉が変わる。

言葉が変われば 行動も変わる。

行動が変われば 習慣も変わる。

習慣が変われば 人格も変わる。

人格が変われば 運命も変わる。

に関する記事を書いたことがあったけど

ほんの少しでもいいから

今、心が苦しい人の

思考が変わるお手伝いになれば幸いですチューリップ黄チューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンク

(2009年10月 執筆 ログともにて掲載したものを加筆修正しました)