itamania

(。・ω・。)

大阪・2児遺棄のニュースと少子化対策

かつて、できちゃった婚し

子供が生まれてすぐに離婚した友人

当時22歳だった彼女がうちに遊びにきたとき

9ヶ月の赤ちゃんを抱えながら

こんな本音を語ってくれたことがありました。

「らむちゃん、わたし人間作っちゃったよ…。

生まれてから、3ヶ月くらいは、目の前にいる自分の赤ちゃんが

なんか動いてる生き物がいるって感じだった。

よくみんな、生まれたときから愛おしいっていうでしょ。

でも私、そんな感情最初はまったくなかったんだよね。

なんかお腹から動く生き物が出てきて

どっちかというと気持ち悪いっていうか…

だから赤ちゃん産んだっていうより

私、人間作っちゃったんだって思って…。

なんかすごいことしちゃったんだって。

だから、とても、自分の子供とかそんな風に思えなかった。

なんか小さい人間が目の前にいるって感じなの。

結婚する前、彼はね 妊娠したって言って相談したとき

喜んでくれて生んで育てようって言ってくれたの。

それもあって結婚したんだけど、彼は育児協力してくれないし

家に帰ってこなくなって…。

結局、自分が私に甘えたかったみたい。

なのに私は赤ちゃんの世話につきっきりでしょ。

だからうまくいかなくなって。

彼はほとんど家にいないし

子供と狭い部屋で二人きりの毎日。

それで、あるとき疲れちゃって…

目の前にいる赤ちゃん見ながら

ぼーっとして色々思ったの。

私、人間作っちゃうなんて

なんで安易にこんなすごいことしちゃったんだろうって…。

でもこのまま疲れたからって 

そのまま私が世話するのやめたら

目の前にいるこの人間は確実に死ぬんだなって…

私がいなかったらこの人間は生きられないんだって。

そう思ったら、死なせちゃいけない、

私が世話しなきゃって

そのとき、気持ちが良い方向に切り替わった。

そのためにはこのままじゃダメだって。

それで離婚して実家に戻ることにしたの。

でもそうして世話をしているうちに徐々に

愛情が湧いてきて可愛いと思うようになって愛おしくなったんだよ♪」

と。

その後は彼女はその子供と実家に帰り

やっと安心した幸せな暮らしになったと言っていました。

なんか、わが子を餓死させちゃったショッキングなニュースを知って

そういえば、こんな話あったなぁと思い出したので書いてみました。

その母親を責め誹謗中傷する人たちが大勢いるようだけど

そんな母親を責める人たちもココロが一杯一杯、

ギリギリの気持ちで生きているんだろうなぁとお察ししました。

そう思うと、少子化対策

育児しやすい環境作り…

それはまず

この責める人たちの心を癒すことが重要課題なのではと思いました。

それが行く行くは

若い人たちが安易に産んでも安心で暮らせる社会につながるし

結果として少子化対策になり国の繁栄につながるのではと思います。