itamania

(。・ω・。)

「団塊世代おじさんたちの老後の趣味の恩恵に与る」の巻き

最近、野菜をいただく機会が増えたのですが

群馬のおばあちゃんを除き

あとは我が家に贈られてくる野菜はほとんどが

近年会社を定年し、サラリーマン生活を終えたおじさんたちが作ったもの。

親戚のおっちゃんとか

友達のお父さんとか

母の友達の夫とか…

つまり…

団塊の世代のおっちゃんたちの老後の趣味、

家庭菜園の賜物が送られてくるのです。ぽけ~にんじんミニトマトゴーヤトマト紫玉ねぎカブ

今回も母友のご主人が育てたお野菜たちが

こんなにたくさん我が家にやってきました♪

らむの泉(*^ー^*)ノ はぁとロンダリング

母の友達はご主人と二人きりの生活。

そんな中、せっせせっせと畑に足を運び我が子を育てるように愛情を注ぎ野菜を育てるおじさん。

そしてそれに応えるかのように毎日毎日ぐんぐん育つ野菜たち。

だけど家庭菜園が趣味なわけだから食べる量のことまでは全く考えないみたいです(´,_ゝ`)プッ

近所に配るっていっても

近所の人もこれまた同じく家庭菜園をしていうお宅ばかり。

だから 母友のおばちゃんも、

うちじゃ口が二つしかないから、食べるにも限界がある。

だからもらってくれるのはとても嬉しいとのこと。

都会で暮らす私たち家族にとったら

無農薬の青臭い野菜を手に入れるなんて至難の業。

玄関で待ってるだけで、

こんなステキな贈り物がいただけるなんて♪しあわせ~(‐^▽^‐)

なんて話しつつ

母曰く

「素人(最初のころ)っていうは、実をできるだけ大きくしたがるから

何でも大きくて味が大味なのよね~。

野菜は小ぶりのうちの方が美味しいけど

最初のころっていうのは、実が大きくなっていくのが嬉しくて

ついつい、あともう少しもう少しってなって結局成長させすぎて

美味しい時期に収穫できなくなっちゃうのよ」にんじんミニトマトゴーヤトマト紫玉ねぎカブ

とのこと。

でも、おっちゃんたちおじさんの嬉しそうにがんばって田畑に向かっている姿を思い浮かべると

愛情がたっぷり詰まっていてどんな野菜も美味しく感じちゃうわね~と言いながら

より美味しく変身させて食卓に並べてしまうのが、さすがママシェフと感心しきり。Wハート

しかし、というかやはりというか

そのおっちゃんたちも

年々腕を上げられているようで

特に今年のトマト

すんご~~~~~~く甘くて美味しいんですけどこくみトマト

だけど去年、約束した「とうもろこしとうもろこし」に関しては

今年は全滅だったそうで…おじさんもショックを受けているらしいです泣き3

それにしても

私たち家族も何かと恩恵を受けられるので

大変ありがたい趣味だなぁと思うのでありました(^ω^)