itamania

(。・ω・。)

念力伝授

人間の黒い部分を透視できるというエスパーに会った。

透視という技術の中にも単に着ている洋服やドアの向こう側が透けて見える透視から

他人の思考を映像で直に透視できる人

人間の黒い部分だけを映し出せる人と

ほかにも内容は様々らしい。

そして、今回はその人から、その人の特技

黒い部分を映し出す念力を教えてもらえることになった。

練習として通りすがり人たちの透視をしたのだけど

エネルギーの注ぎ込み方を教えてもらい集中すると

人間が透過していき

そして人の脳みそのあたりに黒いもやもやしたものが浮き彫りになってくる。

教えてもらいながら

もしかしてこれがカッパのマホポンたちが食べてくれるというもの?

と思ってそのエスパーに訊いてみたら、その通りだって。

それで、この黒いものが活発に動いていると

それを感知して近寄ってきて刺激して増幅させる人がいて

それがいわゆる悪魔と呼ばれる人だったりするらしい。

そしてその悪魔と呼ばれる人たちは

自身、黒い部分があまりにも大きいから、

他人の黒い部分に対しての感度も高い反面

黒い部分のない人に対しての感度も高く

そうした見極めの力をすごくもっているから、

黒い部分のない人に見つめられたり近寄ってこられることを酷く嫌う。

それで黒い人は自ら去っていく。

黒い部分を減らしたいと思っている人は、その人の側にいることで黒い部分を減少させていこうとする。

そうして「類は友を呼ぶ」といったように

同じ空間にいながら棲み分けができてくるという。

なるほど。

この透視能力があると、高い率で人為的な危険を回避することができて便利だと思ったし、

人と人が接触していく(コミュニケーションしていく)なかで

黒いものが増幅したり減少したりするのがわかるので

やっぱり誰とどう過ごすのかというのは非常に大切だなぁと感じたのでありました。