itamania

(。・ω・。)

魔法学校の仲間♪

魔法の使い方を知るようになったら

やっぱり次に出逢いたいのは、同じ学校の仲間にひひ

って事で、ちょっとそんな人に出逢えるようにって魔法を使っておいたにひひ

そしたら

何これニコニコ

自分から人間的なアクション起こさないのに

相手から連絡が!!(驚

元々は顔見知り程度の人で挨拶しかした事ない程度の人だったのだけど

やっぱりお互い同じ学校の仲間だけある。

お互いに絶妙なタイミングで相手の電波をキャッチ出来ちゃうんだろうねにひひひらめき電球

会ったらすぐに意気投合!

1、2時間、お茶しましょって約束で会ったのに

会っている間、楽しすぎて笑いが止まらなくて

気がついたら5件もはしご!で、12時間!!(笑)

って事は、12時間笑い続けてたってことだ(笑)

なぜそんな展開になったかっていうと

彼女の方が、魔法学校では大先輩だけど、魔法の威力に驚きちょっと封印したら魔法の使い方をどこの引き出しにしまったか思い出せなくなってて、どうしようって思ってたところに、ちょうど新入生である私が魔法の話しを始めたら、みるみるうちに引き出しを思い出して、魔法で起こった面白いエピソードをいっぱい話してくれたって感じ音符

だから、私は魔法学校の大先輩の話しを聞く為に、彼女は私と会って魔法を封印してた引き出しを思い出す為に、お互いで引き寄せたんだなって思いました。

でも今思い返せば、私も無意識で魔法を使ってた時期があったから、だから新入生というより再入学って感じなのかも。

だから大先輩と思っても、実は同級生なのかもしれないなぁニコニコ

お互い魔法の勉強で忙しくなるから次はいつ会えるかわからないけど、また会うときが楽しみドキドキ