itamania

(。・ω・。)

映画『ボルト』3DCGアニメーションで観てきた

ケータイでご覧の人も↑画像をクリックするとYOU TUBEで『ボルト』予告編の動画が観れるよ♪

らむの泉( ´艸`)

--------ストーリー(eiga.comより)

人気子役のペニーに引き取られ、撮影スタジオで育ったボルトは、“スーパーパワーでペニーを守る”というTVの設定を現実だと信じ込み、毎日必死でペニーを守る日々を過ごしていた。ある日、TVの中でペニーが悪役にさらわれ、ボルトはペニーを救出するためスタジオを飛び出すが……。

--------

ハリウッドのスター犬の冒険を描いた3DCGアニメーション。

私はストーリーをまったく知らない状態で観にいったので、主人公ボルトと全く同じ気持ちで、最初TVの設定を現実だと信じ込んで見入ってました。

そしたらそれが造りもんのストーリーだと知って、それはそれはショックで。。。

ボルトと一緒に私まで裏切られた気持ちになり、と同時にボルト痛すぎるっ...と、とても切なくなりました。。。

こういう事って現実世界でも結構ありえる話ですから。

私も小さい頃、従姉妹のお兄ちゃんに色々刷り込まれた経験があって、大人になってそれを他人に言ったらみんなに大爆笑されたこと数知れず。。。

幼稚園の頃、ホームレスで長髪になってるおじさんの事を「あれがレゲエだ」と教えられ育ち、思春期に入り本物のレゲエがいる事を知った時の衝撃の事実とか...

貝の貝柱が取れないときは、殻の背中をくすぐってあげるとくすぐったくなって貝柱が取れると教わり大人になるまで頑なに信じて、習慣で今でもついくすぐってしまったり...とか

未だに訂正されないまま記憶した知識はまだまだあるのかもしれないとひそかに思っているのであります。

恐るべし幼少期の洗脳体験!!

それにしても今年は、3DCG映画のブレイク年のようですね!

この映画は観るなら断然3Dがオススメ!!

なんか自分がアニメの中に入って観てるみたいで面白かった~。

ハリーポッターの時は3Dも途中までだったけど(予算の関係?)この映画は最後まで3Dで観る事ができました。

ハムスターのライノの声がキャイーンの天野くんなんだけど、すっごくいい味だしてて、キャラクターとぴったりはまってた。

あと、ハトたちの天然っぷりがおもしろかった♪

しかし、2次元しか愛せないヲタが、この3D技術でお目当てのキャラクターが立体で観れるようになったら、もうこの上ない幸せなんだろうな~とか考えちゃった。

マトリックスの世界が現実に向かっている初期段階のようにも感じました。。。