itamania

(。・ω・。)

酒は呑んでも呑まれるな!

ここのところ忘年会シーズン突入で、終電間際の車内が圧迫死するかと思うほど混んでいます。

そんな車内、混雑に苦しんでいる最中、私のすぐ後ろにいた男性が、革のコートのうちポケットに分厚い資料らしき紙の束が半分飛び出た状態で、顔を赤らめ目をつぶっていました。

そして、ついには私の耳元で大きな寝息をかき始め、立ったまま気持ちよさそうに夢の世界へ~♪

私は、その彼の資料らしき紙の束が落ちないか気になりつつ

でも、私の方は私の方で座っている同年代の男性のオマタの間に足がすっぽりはまってしまい、身動きがとれず揺れるたびにその男性のオマタの間を足が行ったりきたりな状況。。。

もう一本足が出てしまったらどうしよう??

とこれまた余計な心配をしているのを察したのか察していないのか、何度か目が合って、2人の間にびみょ~な空気が。。。

そうこうしているうちに、その男性が下りる駅に着き、私もその男性もお互いホッとしたつかの間、大量の人の流れに逆らえず、私もホームに押し出されてしまいました。

そして、再び電車に入ろうとしたら、

ん?!

あの、革のコートを着ていた人の紙の束が床に落ちていて数人に踏まれているではありませんか!

私は、持ち主の容姿をインプットしていたので、渡してあげようと思い、人が再び押し寄せてくる中、その踏まれている資料を必死に引っ張り救出しました。

が、しかし車内を見渡してその持ち主を探すも、すでにおそし、、、見当たらず。。

おそらく、さっきの駅で降りたのでしょう。

どうするかな~、とりあえずどんな事が書いてあるのか見てみるとするか。

会社名とかが記載されてれば送ってあげることもできるし~

それに内ポケットに入れてたくらいだから大した資料じゃないだろう、と思ってなんとな~く目を通してビックリ!

その紙の束は、知らない人はいない大手企業の幹部クラスの来年にむけての戦略会議の議事録だったのです!

そのボリュームはA4で25枚!

ええーやばいんじゃないの!こんなの落として!!!

これ、ライバル会社の手に渡ったりでもしたら、もしかして株価に影響を及ぼすほどの資料?!

私はこの業界の某会社の上層部に親しくさせてもらっている人がいるので、この資料あげちゃおうかな~なんて、考えながら読み始めたのですが、よくよく読んでいくと、実は他社ではなく、私がまさに渡そうとしていた人の会社の資料だったことがわかりました!!

もぉ2度びっくりデスよ!

来週もその人に会うので、さっそく渡そうと思っています。

きっと、驚かれることでしょう!

でもって、この資料を落とした彼、

今、生きた心地がしていないかもしれません。

出世はどうなる?!

でも私は渡しちゃうよ。冷たい?(笑)

資料には、会議中の発言者の役職や名前も、ばしばし書いてありますし、どの駅でおりたとかもわかっているので、落とした人の身元は調べればすぐにわれるハズ。

判明したら上からお呼びがかかるかもしれませんね(恐

とまあ、彼の出世の事は置いておいて、会社としてはライバル会社につながっている人に拾われなくて不幸中の幸いだったと思います。

どちらにしても  酒は呑んでも呑まれるな!  デス!

 

その後↓